TOP > 嚥下食レシピ > 秋の副菜

普通食 普通食 かぼちゃの茶碗蒸し かぼちゃの茶碗蒸し

かぼちゃは嚥下食用に1/4量を取り分け、残りは8mmの厚さのいちょう切りにする。かまぼこは1cm厚さの飾り切りにし、茶碗3個に入れる

卵は1/2個分を嚥下食用に取り分け、残りの1と1/2個分はAとよく混ぜてこし、の茶碗に注ぐ

ひと手間加えて嚥下食にアレンジ ひと手間加えて嚥下食にアレンジ
嚥下食 嚥下食 かぼちゃプリン かぼちゃプリン かぼちゃプリン

で嚥下食用に取り分けたかぼちゃは、ラップで包み電子レンジで約1分加熱し、皮を除いてつぶす(Point参照)

で取り分けた卵1/2個分とBを混ぜてこし、を加え溶きほぐし、耐熱カップに注ぐ

の茶碗蒸しをいっしょに湯気の立った蒸し器に入れ、ふきんをはさんで蓋をして、まずは中火で1分、その後、極弱火に落とし、様子を見ながら15~20分蒸す。竹串をさして、液体がつかなければ出来上がり。お好みで冷やしていただく

Point Point

かぼちゃは加熱後に皮を除きましょう。皮を除いてよくつぶすことでなめらかになります

〈4人分〉普通食3人+嚥下食1人の量
※()は嚥下食用に用いる量

かぼちゃ ………
1/8個・正味160g(正味40g)

かまぼこ ……… 3cm(ー)

……… 2個(1/2個)

A

だし汁 ……… 225ml(ー)

……… 小さじ1/2(ー)

みりん ……… 小さじ1(ー)

嚥下食用追加材料(1人分)

B

牛乳 ………75ml

砂糖 ……… 大さじ1と1/2

〈普通食〉
1人分 88kcal

〈嚥下食〉
1人分 182kcal

料理を作る際の注意点
●当サイトのレシピは、「ユニバーサルデザインフード区分2」程度となるよう、0.3cm~1cm角切りを目安に作成しています。より嚥下が困難な患者さんには「さらに細かく切る、つぶす、すり鉢でする、ミキサーでペースト状にする」など、患者さんの状態にあわせて対応してください。また、少量のものはミキサーよりも、すり鉢の方が使いやすいこともあるので、食材により使い分けてください。 ●ミキサーでペースト状にする際、固体だけのものは、水やだし汁を少量加えてミキサーにかけてください。うまくなじまないときは、市販のとろみ剤を水かだし汁に加えて作った「とろみあん」を加えてミキサーにかけてください。 ●このレシピでは、電子レンジは500Wを使用しています。